最新情報

サーバ移設完了のご連絡

2011年3月25日 (金曜日)

RisuMail 製品をご利用のお客様、並びに関係者各位

3月19日にご案内しておりました、リスメール事業のサーバ移設作業が完了しましたのでお知らせ致します。

今回のサーバ移設に関しましては、東京電力の計画停電が実施され、今後は大規模な停電の可能性もあるとの発表もあったことから、リスメール事業のサーバの安定稼動を保障するために移設を決めた次第でございます。

移設作業につきましては、移行先の OS が 64 ビット版ということもあり 32 ビット版で使用していたパッケージの再ビルドが必要となりました。データ移行、パッケージのリビルド、設定調整を経て、各サーバ [メールサーバ(月曜日)、ウェブサイト(火曜日)、製品のデモサイト(水曜日)、バグ追跡の Bugzilla(木曜日)] を順次に公開していきました。

本日を持って、リスメール事業の全てのインフラがアクセス可能で正常に機能しております。

なお、リスメール事業は設立当初からお客様のサーバ環境をホスティングしております。お客様のサーバ環境につきましては、最優先で移設作業を行い 3月19日からの連休中に作業を完了させております。

サーバ移設に伴うご連絡

2011年3月19日 (土曜日)

RisuMail 製品をご利用の皆様、並びに関係者各位

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震により被災された皆様、及びご家族の方々に謹んでお見舞い申し上げます。

東京電力の計画停電の実施に伴い、リスメール事業のサーバ環境をしばらくの間データセンターへ移すことに致しました。

サーバの移行作業は、本日 [2011年3月19日(土)] の 01:00 から開始する予定でございます。サーバ環境の移行時は、ウェブサイトへのアクセスやメールでの連絡はできなくなります。作業中にお送り頂いたメールは、移行作業の完了後に配信されます。この作業により作業中にお送り頂いたメールが消失することはないので、ご安心ください。

当事業のメンバーはサーバ技術の専門家ということもあり、移行作業はスムーズかつ速やかに完了するものと考えております。必要に応じて週末の時間帯も作業を行います。そのため時間帯によっては、ウェブサイトのアクセスやメールについて不通になることがありますが、ご了承ください。

リスメールチーム

代表 スコット・ヒューズ

RisuMail 3.1 リリース ~新機能追加、機能改善、最新 Linux ディストリビューションに対応~

XXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXX XXXXXXXXXXX XXXXXXXXXXX

RisuMail 製品価格改定のお知らせ

2010年10月7日 (木曜日)

お客様各位

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。平素は RisuMail 製品に対し格別のお引き立て、ご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

このたびリスメールチーム(東京都世田谷区 代表スコット・ヒューズ)は、今後の新製品開発、現行製品の改良とそれに伴うサポート体制及びインフラの維持と強化のため、2010年10月7日をもちまして現行の製品ライン RisuMail (リスメール)、RisuMail Server (リスメールサーバ)、RisuMail AntiVirus (リスメールアンチウィルス) の製品価格を改定させていただくことになりましたのでご報告いたします。

幣事業は2003年に設立し、当初は「SquirrelMail の有償サポートに加え、修正や改良、また一部オリジナルのものや有用プラグイン等を組み込んで独自にパッケージしたもの」という位置づけで RisuMail 製品を発表致しました。その後、皆様のご愛顧を賜りまして、RisuMail 製品は幅広い分野の数多くの企業、組織に導入されるようになり、それに伴いサポート体制への期待も飛躍的に高まりました。

サーバゲートウェイ向けアンチウィルスパッケージ RisuMail AntiVirus を本日より発売

2005年06月03日 (金曜日)

リスメールチームは、サーバゲートウェイ向けアンチウィルスパッケージ「RisuMail AntiVirus」を本日から発売します。

RisuMail AntiVirusは、現在提供しているウェブメールソフトウェア「RisuMail Server」に設定しているアンチウィルス機能を、単独で利用できるようまとめたものです。本製品には、「ClamAV」、「AMaViS New」、および関連して必要なPerlモジュール各種を最新のものにアップデートしたRPM群が含まれます。

RisuMail AntiVirusはメールサーバにインストールして使用するソフトウェアで、本製品を利用すれば、送受信されるメールがウィルスに感染していないか検知できるようになります。

リスメールチームではこれまで、ウェブメールソフトウェアの「RisuMail」、メールのアンチスパム機能やRisuMailの動作を高速化するアクセラレータ機能を持ったRisuMail Serverを提供してきました。いずれの製品も、オープンソースソフトウェアに基づいています。

RisuMail 3.0 リリース

2009年12月22日 (火曜日)

RisuMail 製品をご利用の皆様、並びに関係者各位

日頃から RisuMail 製品をご愛顧頂き、厚くお礼申し上げます。

リスメールチームは本日 RisuMail 3.0 をリリース致しました。

本リリースは既にお客様専用の ftp.risumail.jp のサイトにアップロードされており、RisuMail (リスメール) 及び RisuMail Server (リスメールサーバ) の年間保守契約が有効なお客様は直ちにダウンロードすることが可能となっております。

バグ潰しウィークのご案内

2009年12月2日 (水曜日)

お客様へは既に先週メールでご連絡しておりますが、次期リリース (RisuMail 2.1 )に向け、今週、11月30(月)~12月4日(金) の期間をバグ潰しウィークとしております。

その間にご連絡を頂いた不具合は、その週のうちに極力対応できるように致します。

バグであると確証性の高いものであれば、直接 Bugzilla (http://ftp.risumail.jp/bugzilla/) にご登録頂いても結構ですし、サポート宛にメールを頂いても結構です。お問い合わせを頂きましたら確認の返信を直ぐに行い、可能な限り速やかに対応致します。(ご登録を頂く際、リスメールチームのみしかバグの内容を参照できないように設定することも可能ですので、ご安心してお使い下さい。または、それでも投稿すべきではなかったという情報などがございましたら、ご連絡頂ければリスメールチーム側で削除させて頂くことも可能です。こうしたツールをご用意するにあたり、安心してお使い頂けるように心がけております。)

バグ追跡ソフトウェア Bugzilla(バグジラ)をお客様向けに提供開始

2009年9月28日 (月曜日)

初秋の候、ますますご健勝のほどお喜び申し上げます。

日頃から RisuMail 製品をご愛顧頂き、誠にありがとうございます。

RisuMail (リスメール) 製品の更なる品質向上に向けて、リスメールチームはこの度、これまで内部のみで使用していたバグ追跡ソフトウェア Bugzilla (バグジラ) を、本日よりお客様に提供させていただきます。

Bugzilla は Bug Tracking System (バグ・トラッキング・システム) と英語で呼ぶことから日本語ではバグ追跡システムと呼ばれることが一般的です。ここで言う追跡とは、ソフトウェアのプログラム上の不具合(バグ)の問題の詳細の記録及び修正状況をデータベース化して管理することを言います。本システムはウェブブラウザ経由でアクセスが可能で、動作上の不具合に加えて脆弱性の報告や機能の要望も登録可能です。

RisuMail 2.0 リリース

2007年8月10日 (金曜日)

RisuMail ご利用の皆様、並びに関係者各位

平素は RisuMail 製品をご愛顧頂き心より御礼申し上げます。

さて、この度リスメールチームは RisuMail (リスメール) の最新版、RisuMail 2.0 をリリース致しました。

安定した機能と実績により多くのお客様から高い評価を頂く中、前回のリリースから一年強が経過し、今回の RisuMail 2.0 は待望の PHP5 に対応したリリースとなります。

RisuMail 1.4.3a-7 リリース (機能拡張、バグ修正、セキュリティ脆弱性修正含む)

2006年7月5日 (水曜日)

本日、RisuMailの開発及び販売を行っているリスメールチームが本日、最新の RisuMail 1.4.3a-7 をリリースしました。

RisuMailは、オープンソースのSquirrelMail(スクイリルメール)に基づき、細かい日本語対応などの機能強化を行った、商用版ウェブメールです。

前回のリリースは、安定性面を含めて多くのユーザの皆様に評価を頂いている中、今回のリリースに向けて以下の機能改善及び修正を約一年にわたって行ってまいりました。本バージョンではこれまでのリリースの中でもっとも多くの機能改善が行われました。

ページ